食品の保存に優れた容器と最適な保存方法

今日からできる食品管理術!

なぜ食品って痛んでしまうの?

買ってきた野菜はどうしていますか? そのまま野菜室に入れてしまってませんか? すぐ痛んでしまう野菜にもひと手間加えるだけで、いまよりもっと鮮度が保てます。 包み方や置き方ひとつで保存性が割ってしまうのが生鮮食品の特徴でもあります。 せっかくの野菜を無駄にしないためにも、今日から取り組んでみましょう。

美味しいお魚と卵を食べれるように

1つ目で紹介しきれなかったお魚の保存方法をご紹介いたします。 買ってきて、トレーのまま保存しておくと鮮度が保てなくなります。 魚こそ、鮮度が命ですから美味しい魚料理が食べれるようにひと手間加えましょう。 それから、意外と見落としがちの卵の保存方法。 これに関していたって簡単なのでぜひ試してみてください。

あなたの探してた容器に出会えるかも!?

保存する際に容器はどのようなものを使っていますか? 容器には今までご紹介してきた保存方法を手助けしてくれます。 機能だけでなく、デザイン性や材質などにもこだわってみませんか? そうすることで、おうちの中がより高級感が増したり使い勝手がよいキッチンになるかもしれません!

生鮮食品代表!お野菜の保存方法

ついこの間買い物に行ってきたばかりなのに、もう痛んでしまってる。
自炊するつもりが無駄になってしまったなんてことありませんか。

では、そもそもなぜ食品は痛んでしまうのでしょうか。
意外と知られているようで知らない人が多いのではないかと思います。

痛んでしまったものには多くの微生物が存在します。
その中には毒物が繁殖してしまったものもあります。
それらは人の体内に直接影響を及ぼしてしまうのです。
家庭に作る食品に微生物が全く存在しない食品というものはありません。
少しくらいいても、食中毒になることはありません。
多くの繁殖してしまうと問題なのです。

では、菌などの微生物はどういうのが原因で繁殖してしまうのでしょうか。
おもな原因として以下の3つが挙げられます。

1つ目は空気中の酸素による酸化が原因。
痛んでしまう原因は微生物の繁殖によるものが多いです。
カビや微生物は繁殖する際に酸素を必要とします。

2つ目は温度による原因。
季節により気温は変化しますよね。
冬場は平気だったのに夏場は急にダメになったなんてことありませんか。
菌が繁殖しやすい温度というのは37~40度で、かつ湿気の多い場所です。

3つ目に水分による原因
菌の繁殖には水も必要とするのです。
だから、湿気の多い夏場は気をつけないといけないのです。
しかし、乾燥した食品は微生物は繁殖できないのです。

他にも日光などの光による原因なども考えられます。
食べ物を無駄にしないためにも、簡単にできる食品の方法や容器などをご紹介いたします。
ぜひ今日から実践してみましょう。